発行数に制限はありません。

運用の規模に応じて発行・変更が自由にできます。