専門知識は必要ありません!!
簡単な操作で
アクセシビリティに配慮されたページ作成が可能。  

HTMLやCSSの専門知識なしでアクセシビリティに配慮されたページが作成から公開まで楽々可能

1

マニュアルいらずのシンプルな管理画面

ページ作成画面は見た目から無駄な機能を省いたシンプル&直感的に理解いただける構成。
パソコンが得意でない方や、ページ作成を始めて担当される方でもアクセシビリティに配慮したページが作成でき、無理なく楽しみながらサイト運用をしていただけます。

画像の扱いも簡単

ページ内に埋め込む画像の使用枚数に制限はありません。
(※サーバーの契約容量の制限が発生することはございます)
デジカメで撮影した写真を管理画面上でリサイズして、使用することが可能です。

添付ファイルも楽々アップ

エクセル、ワード、PDF、、、添付ファイルの貼り付け操作も簡単、使用枚数に制限はありません。
(※サーバーの契約容量の制限が発生することはございます)
プログラムがファイルを自動判別し、該当するアイコンと容量表示をします。

ソーシャルネットワークサービス(SNS)との連携も可能

YouTubeやgoogleMAP等の外部サービスのデータを取り込むことも可能です。

sns

アクセシビリティチェック機能を備えた記事作成エディタを標準装備。(※1)

「ウェブコンテンツJIS達成等級AA」

CMSスサノオ神話の記事作成エディタはページ作成者がどなたであっても「ウェブコンテンツJIS達成等級AA」に準じたページ作成ができることを念頭に作られています。

2

文章中に機種依存文字(上左図)を使っていると、登録時に警告を出します(上右図)。
アクセシビリティチェックツールによりエラー内容を確認できます。

(※1)チェック対象は機種依存文字やalt文字の有無といったプログラムによる判別可能内容に限ります。
記述内容が視覚障害者に適切かどうかは編集者のレベルに準じます(サポートオプションにより職員へのアクセシビリティセミナーを開催いたします)。

代替文字入力ルール

音声読み上げソフトへの配慮として、画像登録時に代替文字を入力するよう促します。

編集者の操作レベルや役割に合わせて管理画面のカスタマイズが可能

編集者ごとに使わないボタン、メニューは非表示にできるので、更新作業時の視覚的無駄を減らし、誤動作を防げます。
また編集者ごとに担当ページを振り当てることもできます。 

6

入力をサポートするページテンプレート機能

類似ページを複数作成する場合には入力項目をテンプレート化。作業時間を大幅に短縮できます。

4

テンプレートを切り替えることで、本文エディタが専用の入力フォームに替わります。